監理技術者というのは、工事開始前の施工計画段階から、工事終了まで全ての管理をする人の事です。

監理技術者を設置するのは、下請契約金が3,000万円以上(建築一式工事の場合は4,500万円以上)と条件がありますが、現在日本国内で行われている多くの工事に、必要とされているといっても過言ではありません。

Read more…