監理技術者とは?

監理技術者というのは、工事現場などで仕事をする技術者の事です。

工事開始から施工期間が終了するまでの間、現場管理をします。

工事現場といっても電気通信工事、機械器具設置など仕事内容は様々ですが、監理技術者を設置するにあたり条件もあるので、全ての工事現場に監理技術者が設置されるとは限りません。

監理技術者を設置しなければいけない条件というのは、工事にかかる請負金により変わってきます。

工事をするには建設業者に依頼しますが、その時に発生する下請契約金の総額が3,000万円以上の工事に限り、監理技術者の設置が義務付けられています。

ただし建築一式工事の場合は4,500万円以上となっています。

また工事に関しては個人住宅のように家を建てる場合は例外となりますが、これ以外の工事に関しては建設業法で定められている事なので、条件に該当する工事現場ではこれが適用されます。

監理技術者は担当の工事現場全ての管理を任されます。

工事をするにあたり事前に施工計画を立てますが、この計画段階から参加します。

工事の日程や工程の管理に始まり、配置技術者の指導など幅広く管理しますので、誰にでもできる仕事ではありません。

監理技術者になるためには資格が必要です。

試験を受け合格者のみ監理技術者となる事ができますが、経験能力考慮などもあるため経験豊富な人の方が優遇される傾向はあります。

監理技術者にはかなり高度なスキルも要求されますので、試験範囲なども広くなっています。

建設・設備求人データベースのサイトはこちら→監理技術者の求人なら